izimelab’s diary

日々言葉のいじめを受ける30代のオヤジのブログです。せっかくだから、日々のいじめの内容を研究して、同じいじめを受けたい人たちの何か参考になればと、考察しています。

いじめたって 不安は消えない

いじめっ子の属性を大きく分けると

1.仕切る人・発起人

社会への不満、親への不満、将来への不安といった、

漠然とした恐怖から怒りが溜まり、

面白いことを探すが、非現実のゲームや人との会話では満足せず、

溜まった怒りをいじめ(自分より立場の低い人を作り出して)で発散しようと考え、実行した人。

いじめの根源である不安や不満がなくならない限り、いじめを続ける。

恐怖政治を敷くため、将来的には周りに誰もいなくなるかひどい裏切りにあう可能性が高い。

 

2.金魚の糞・付き人

発起人にくっつき、発起人と一緒にいじめの優越感を味わう。

自分が発起人からいじめの対象にされたくないとの恐怖・不安を感じているため、

発起人の考えに同調・共感しているフリをしなければならず、疲れる。

発起人は満足することなく不安と不満を感じているため、付き人はその不安や不満が解消されない限り、恐怖・不安からは解放されない。

 

3.野次馬

自分は野次馬としていじめに参加していた感を演出し、いじめの対象になることを避けている。

例えば、教室内の不穏な空気を感じたとき、一目散に逃げることができるが、

一時的な逃避でしかない。

恒常的に同じ教室内でいじめが行われている場合、

常にいじめっ子グループを意識し、自分はいじめっ子よりであることを演出するか、若しくは見て見ぬフリをしなければならず

いじめがなくならない限り不安と不満を感じ続ける。

 

という属性に分けられると思います。

 

これを見てもらうとわかると思いますが、

不安、不安、、、不満、不満、、、

は、なくなることがありません。

 

その不安や不満を怒りに変え、

人に向けても、なくなりはしません。

 

自分の不安や不満に向き合い立ち向かわない限り、根本的な解決はできません。

 

漫画やドラマ、小説などでは、

自分に向き合い、その不安・不満に立ち向かい、

世間一般からの見られ方を気にすることなく、

勇気を出していじめに立ち向かう青年・少年・少女

の生き様に共感し、涙を流したり、震えたりするのですが、、、

今の日本では、出る杭は打つべし打つべしと、

不安や恐怖を煽るのが常套手段化されています。

 

あなたも不安や恐怖でがんじがらめにされてはいませんか??

その現実と向き合うことができるようになれば、

自然と不安や恐怖は消えていきますよ!

 

私も日々いじめと戦いながら、時には負け、時には勝つといった荒波の中にいますので、

一緒に乗り越え、将来の笑いに変えましょう!

私は、将来自分の生き様を話す機会があった際には、包み隠さず実名でいじめた人のことは話すつもりです😃

スカ

正 

 

幸せじゃない人のいる職場

今日は先日登場したBさん。

 

この人40歳すぎなのですが、

●スイ●

●カイ●

●イイ●

事務所の肩書きは所長!

 

所長といっても、合同会社の傘下にある、

一事務所の所長なので、

サラリーマンと変わりません。

 

1人で外に出て戦ったことがなく、

もはやぬるま湯に浸かった蛙さんです🐸

 

しかも、、、声が大きく、口だけ。

極めて弱い人間です。

 

弱い人ほどよく吠えると言いますが、

本当によく吠えます。

 

まさにことわざ通り。

 

声が大きい分たちが悪い、B所長。

 

おかげさまで、事務所内の雰囲気は悪いのなんのと、、、B所長は誰のため何のためでもなく、

ただただ自分を守るため、吠えます。

 

自分は幸せじゃないと、、、

人生否定的なんでしょうね。

 

他の人にも自分と一緒に、

同じ不幸を味わって欲しいと他人を卑下し、

かつ、その相手にも同意して欲しい、

まさに欲しい欲しい症候群。

 

そんな彼につけてあげられる薬は、この世の中には存在していませんよ!

 

自分が幸せじゃない人は、他人を幸せには出来ないという言葉よくわかる事例でした。

 

いじめをしている人 そのいじめている時間を他の人に分けてくれ!

今日のいじめはネチネチタイプでした。

 

大きく分けて、3つのグループで人をののしる発言が!

 

ようやく静かになったと思えば、違う人たちが変わりばんこのように悪口を言う( ˙-˙ )

 

何しに会社に来ているのでしょうか?

何のために仕事をしているのでしょうか?

「生きる為?」「生活のため?」「税金を払うため?」

いやいや、まずは会社の利益を上げるためでしょう!

 

お客様を喜ばせることで会社は利益を上げ、

その利益によって、

人を雇うことができ、給料をちゃんと支払うことができ、会社の福利厚生を充実でき、会社による社会福祉への貢献ができていく・・のであって、

いじめをして、のほほん給料もらって、そのまま老後へ、、、

そんなのは、社会への害悪でしかないよ。

本当。

 

今日は恐らく1人あたり2時間くらいペチャペチャ・ネチネチ喋っていたんじゃないか( ˙-˙ )

 

1日2時間の無駄話。

しかも三、四人巻き込みながら。

これを5日間毎日。

すると、1週間で40時間もの労働力の低下。

1年間約40週とすれば1600時間!

40年間という仕事人生を仮定すれば、

64000時間。

更に、いじめの悪い点は、会社の生産性ではなく、いじめのための生産性にさらに時間を割くこと。

LINEを準備したり、いじめるための弱みをさぐったり、

そんなんで1日1時間以上使っている人も。。。

 

もう一回聞いちゃうけど、

何のために会社に来ているの?

 

64000時間以上も、、、

勿体無い。

その時間を、

家族のため、

貧困地域の人のため、

障害もつ人が幸せに暮らせるようになるために使ってあげられれば、

どれだけ良い社会になることか!

 

 

私は電車の移動中は翻訳ボランティアの仕事をしています。

 

世の中には、

高い翻訳料を払えないがために、自分のメッセージを富裕層に向かって発信できず、融資を受けられないそんな人達がいっぱいいます。

 

私の給料は普通ですが、仕事が終われば時間はあります。

 

そこで、

水フィルターがないために汚水や洗濯水などが混じる川の水を飲まなければならない人や、

干ばつにより農業や畜産がダメになった人、

そんな彼らからの融資を願うメッセージを私は翻訳しています。

 

社内のいじめてる人よ、

自分の自尊心、優越感、承認欲求を満たすために使っている時間を、

私の翻訳の時間に融資してくれ!!

 

 

 

最近のいじめには兵法が使われるらしい

つい先日、いじめを誘導する主犯格の1人●さん(漢字一字)は、

こんなことを言っていました。

 

「Xさん(私のことですが)を、

共通の敵にすれば、所内の団結が図れるからやってみよう」と。

 

その後、英文関係の部署のAさんと、商標関係のBさんとが結託し、

あれよあれよと、いじめが増長されていきました。

 

ちなみに●さんは50手前で、

AさんとBさんは40前半。

 

社内の強い関係を作るため、

通販などで顔の見えないお客と関係を強めるために、

共通の敵を作ることはありますが、

いじめに使うというのが信じられないです。

 

まさに子どもの発想ですね。

 

こんなことをされて、やられた私にとって、

●さんやAさん、Bさんを許すことはできないですよね。

 

所内の空気が悪くなっていっていることにも気付けない3人。

 

兵法の最悪の使い道であることに気づかないのが残念です(*´Д`*)

 

 

ゴールデンウィーク後 早速始まる

今日は朝早くきて仕事を開始。

朝は静かに作業がすすめられるので、非常に効率的!

しかし、1・2時間もすると、だいたいのスタッフが揃い、

朝恒例のペチャクチャがスタート。

 

これ本当に効率を下げてる。

仕事モードになってる人の邪魔になるばかりか、言ってる内容はイジメときたもんだ、

どうしようもないね〜。

 

 

いじめられっ子が、ゴールデンウィーク明けで5月病にもならずに会社にきて何が悪い??

一生懸命顧客のために働いて何が悪い?

 

いざ、口を開けば顧客の文句、文句、文句、

自分の仕事はきつくて〜大変で〜、、、という愚痴の言い合い。

終いにゃ、話題は僕に向けられる。

僕の見た目や汗かきという生理現象を攻め立てる。。。

親にもらった大切な身体なのに。。。

 

あんたらこそ、なんで会社にきてるの??

喋りたいならよそ行けばいいじゃん。

 

本当、人の良いところではなく、ダメなところばかりを見つけは、

叩く。

 

競争社会の果ての姿。

こんなんじゃ、誰も人は残らないよ。

 

この書き込みは、将来的に、

自分はこんないじめを受けても、

生きてきたんだよと、

記録に残し、

確認するためのものでもあります!

 

頑張って書き続けていこうと思います。

 

 

 

 

ドラマティックに復活すれば良い

私が好きな言葉に「人生辛いことがあったとしても、そこからドラマティックに這い上がればいいじゃないか」というのがあります。

 

今、私がいじめに耐えられるのは、

この言葉に支えられているからに他なりません。

 

今は、私が何か言えば、「自慢だ」、「あいつの考えはバカだ」と罵倒の道具にされ、

逆にだんまりすれば、次は、「あいつスーツ似合わないよね」「汗ダラダラかいて気持ち悪い」「匂いがしそう」など、容姿について責め立てられます。

 

それはそれは、

あからさまに、

私に聞こえるように、

大声で、、、

 

 

部署内の空気どころか、

フロア内の空気が悪くなり、

あちらこちらで、

わめきたててきます。

 

居心地は、最悪。

 

そんな最悪の環境でも、

私が努力するのは、

お客様の役に立てることがあり、

そのための作業をしているからです。

 

 

時間は皆平等に与えられています。

 

自分は耳栓しながらその作業に没頭しています。

 

一方で、私の周りは、私を辞めさせようと何時間でも私を罵倒することに没頭します。

 

耳栓していても、確かに若干は聞こえます。

そのため、集中力がきれかけると、その罵倒が聞こえてきます。

気持ち悪いです。

正直、

吐き気がします。

 

それでも、諦めずに仕事をする。

それは、

今の自分にとって、

昨日の罵倒に耐えたことが喜びに変わるからです!

 

他の人にとって罵倒している時間は、

無駄どころか、自分達の価値を下げる、

最悪の時間。

 

かたや私にとって、

いじめを受けながらも、

仕事をして、

お客様にサービスを届けるのにかかった時間は、

結果を出すための時間です。

 

私はこんだけひどいいじめを受けても、
仕事をしてきたんだよ!と、

私が胸を張って、

堂々と世の中に言えることです。

 

せっかく自分が仕入れてきた情報を罵倒されること、

親にもらった大切な体をいじめの道具に使われることは、

きついです。

 

そろそろ、倒れるかもしれません。

 

プッツン切れて、暴力沙汰を起こすかもしれません。

 

どこか疾走するかもしれません(笑)

 

それでも、

逃げ出したいこの辛い経験が、自分の後輩、友達、息子、奥さんに対して、

「人生辛いことがあって、

立ち止まったとしても、

そこからドラマティックに這い上がればいいじゃないか。

少なくとも僕はそうやって生きてきたんだと」
胸を張って、
言って聞かせてあげることができます!

 

いじめられてるあなたも、

是非、どうやったらドラマティックに復活できるか考えてみて下さい!

 

夜明けの太陽は明るく輝いていますよ(^^)

 

何なとなくつまらないから、、、はじまるいじめは感染しやすい。

通勤、通学時。。。

 

ただ、何となく。

 

あの、

いつも(だいたい同じ時間)に会う人をネタにして、

友達との話題(ネタ)にしよう。

 

本当に何となくが、

きっかけで始まるいじめはたちが悪いです。

 

最初はヒソヒソ、チラチラ。。。

慣れてくると、「あっあいつ、いた♩」

次第に、「出た〜!!」っと、あからさまにからかう口調に、

終いにゃ「あいつのあとをついていこうか・・・

」と、聞こえるようにいう(←流石にここまでやると、やり過ぎと気付くのか。他の人が離れていき、実行に移すまではいかないようだけど)。。。

 

こっちが気付くようにやるくせ、

こっちが気付いてそちらを見ると、

急に「えっやだ、なんかこっち見てる」と、ヒソヒソ。。。

被害者空気を出します(たちが悪い、汗)

 

このいじめ方って、

どこで習ったかは知らないのですが、

かなり昔から存在していると思います。

 

例えば、近所付き合いがない人や最近近所に引っ越してきた人に対して、

ただ何となしに、面白いから、

をきっかけにして。

 

その様子や会話の内容を聞いた子どもが、

大人の真似で、同じようなことを始める。

 

また、その様子を見たり聞いたりした兄弟や孫がが、ただ何となくつまらないから、話題が欲しいからと真似る。

 

何となく日々がつまらないと感じる大人から、

何となく日々がつまらないと感じる子どもへと感染していく。

 

日々、大人が目的をもって楽しく生きていない証拠と言えると思います。

 

・公園行くと会える黒猫のお腹が大きくなったように見える→この子の子どもは黒かな?茶かな?と妄想してみたり、

・街路樹のツツジが紫から白色のものが茂るようになった→来年は毎日写真をとって時系列に並べてみよう、

・梅の実が大きくなってきた→今年は梅酒にチャレンジしよう、

とか、日々、小さな身近の変化に気付くだけで、

いじめのような悪質で中毒性のある刺激ではなく、

自分なりの楽しみ方が考え付きます!

 

いじめたり、いじめに加担することは今すぐ辞めて、

私は・・・ことを始めたよ、とか、

こないだ写真撮った猫に可愛い子猫が産まれたよ!とか、

自分の人生を豊かに彩る楽しみを見つけて欲しいものです(^^)